野良仔猫さんを被写体に撮影練習をしてみました。(2018年9月)

こんにちは

よく野良猫さんを撮影している場所に、いつのまにか見慣れぬ仔猫さんが加わっていたので今回はその仔猫ちゃんをメインに撮影練習をしてみました。

多摩川の河川敷付近の野良猫さんはほとんど去勢済みだと思って仔猫を見ることはないのかなと思っていたのですが、すべてが去勢済みというわけではないようですね。

せっかく生まれた命だから天寿は全うしてほしいですね。

それでは今回撮影練習した野良仔猫さんの写真を紹介していこうと思います。

 

 

使用カメラ: Nikon COOLPIX B700

シャッタースピード: 1/80秒

絞り値:f/5.6

ISO感度: ISO-100

露出補正: -1ステップ

焦点距離: 98mm

Capture NX-Dを使用してレタッチを実施
露出補正を[+1.0EV]に設定

 

1枚目の写真はすぐ近くを自転車が通ってきたので、警戒して自転車を追って見つめている仔猫ちゃんを撮影したものになります。

この仔猫ちゃんはここ最近見始めたからおそらく生まれてから数ヶ月しかたってないみたいでした。

このあたりの野良猫さんは人馴れしている猫ちゃんが多く撫でさせてくれる子が多かったのですが、この仔猫ちゃんはまだ人を信用してないみたいでなかなか近づくこともできませんでした。

逆に背景をボケさせる練習をしたかったので好都合だったんですけどね。

 

 

 

使用カメラ: Nikon COOLPIX B700

シャッタースピード: 1/80秒

絞り値:f/5.6

ISO感度: ISO-100

露出補正: -1ステップ

焦点距離: 81mm

Capture NX-Dを使用してレタッチを実施
露出補正を[+1.0EV]に設定

 

2枚目の写真は一生懸命毛づくろいをしている子猫ちゃんを撮影したものになります。

子猫ちゃんの一生懸命な姿は絵になりますね。

仔猫ちゃんの前でくつろいでいる先輩猫の背中を前ボケに使用させてもらい奥行き間がある撮影してみました。

背景ももっとボケさせてみたかったのですが、ちょっと距離が近かったようでうまくボケませんでした。

なかなか思い通りの撮影をする状況を見つけるのは難しいですね。

 

【スポンサーリンク】

 

使用カメラ: Nikon COOLPIX B700

シャッタースピード: 1/50秒

絞り値:f/5.6

ISO感度: ISO-100

露出補正: -1ステップ

焦点距離: 81mm

Capture NX-Dを使用してレタッチを実施
露出補正を[+1.0EV]に設定

 

3枚目の写真はまた近くを自転車が横切った時に、警戒して自転車のほうを追って見つめている後ろ姿を撮影したものになります。

若干左耳が私のほうにも向いているような感じがするから、私も警戒していたのかな?

 

 

 

使用カメラ: Nikon COOLPIX B700

シャッタースピード: 1/80秒

絞り値:f/5.6

ISO感度: ISO-100

露出補正: -1ステップ

焦点距離: 98mm

Capture NX-Dを使用してレタッチを実施
露出補正を[+1.0EV]に設定

 

今回最期の4枚目の写真は子猫ちゃんの正面から撮影したものになります。

急に私のことが気になったのか正面をむいて見つめてくれたので、チャンスだと思い撮影してみました。

先輩猫たち仲良さそうにしていたのを見せ付けていたのがよかったのかな?

背景もなかなかいい感じにボケて、よさげな写真が撮影できました。

 

今回はちょっと距離感がある写真ばかりだったので

次回出会うことができたらもうちょっと距離を縮めての撮影をしてみようと思います。

猫ちゃんの成長は早いからもしかすると次回あったときにはもう仔猫ちゃんではないかもしれませんね・・・。

 

 

 

今回の記述については以上となります。

それではまた。

 

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
↓↓↓

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です